メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・こどもメガネ地域一番店

  • ホーム
  • Back
  • シグニア補聴器の歴史
  • シグニア補聴器の歴史

    Primaxシリーズ(2016)

    2016年にシグニアブランドとして
    初の補聴器Primax(プライマックス)が登場。
    開発時に脳波を測定し、補聴器使用者のご要望を集めて作られた補聴器です。
    聞く労力とは、単に会話を理解する事以上に、
    いかに聞きとりが楽かに左右されます。

    視覚的な例えでご説明します。
    上の絵でも字は読めますが、読みやすくはありません。
    下の絵では文字が強調されているため
    背景の模様から浮き上がり、楽に読めます。
    プライマックスは会話を強調して雑音から浮き上がらせ、
    聞こえを楽にします。

    このプライマックスは言葉の聞き取りが違います。
    スピーチマスター(全自動ダブルピント調整)機能が、
    会話は強調し、新聞をめくる音や食器の音などの雑音は抑制します。この機能によって、リラックスしてさらに自然に会話が聞き取れます。

     

    Cellion シリーズ(2017年)

    こちらはRICタイプのみです。Cellionです。
    (Receiver-In-Canal: レシーバー・イン・カナル)
    非接触型リチウムイオン使用の充電式補聴器です。
    電池の出し入れがなく、
    これからの補聴器の標準となる仕様です。
    防水・防塵対応の国際保護等級で最高のIP68を取得。

     

    Signia Nx シリーズ(2018年)

    NX : Natural Xperience (自然な音の体験を意味しています)
    補聴器の装用で一番問題になる「自声の響き」に関して、
    「自分の声」と「それ以外の音」を判別して、
    それぞれ個別に音声処理を行う特許技術【自声処理機能】を搭載しました。

    OVP:OWN VOICE PROCESSING

    自分の声を補聴器に学習させて、
    自分の声だけを低減することにより
    補聴器の問題である「自声の響き」を抑えます。
    自分の声が一番よく聞こえるのは自分です。
    自分の声は左右の耳では同じように聞こえますが、
    自分の前後では聞こえ方が違います。
    今回のシグニアNXでは、
    新型の2つの指向性マイクで常時監視することで
    自分の声は抑えて、他の音は増幅する機能を可能にしました。
    「Dual prossing」のテクノロジーは、補聴器の革命的な技術ともいえます。

    ULTRA HD e2e

    両耳装用にて、ウルトラHD両耳通信を実現。
    (HDは、ハイディフィニションの略)
    両耳では指向性マイクの機能を最大に活用するため、
    絶えず高速で音域を管理しています。(360度の環境認識)
    相手の声の場所を素早く焦点を合わせます。
    しかも今までのマイクの4倍の大きなマイクに切り替わったことで
    入力音質が向上しました。
    これにより音のダイナミックレンジが増えて
    より良い音が聞こえるようになりました。

    従来のマイクの大きさの4倍のタイプに進化
    マイクも前後2基に配置することで、
    音のダイナミックレンジを広げて
    高音質な音の表現を可能にしました。

    「Dual prossing」をエコにこなす新チップ
    1:今までの3.5倍素粒子→たくさん処理が可能
    2:従来より60%高速→速く処理にてハウリング処理がさらに進化
    3:40%小型→省電力により電池寿命を伸ばす
    特に省電力においては、長時間の音声受信が可能になりました。

     

    Pure Charge & Go シリーズ(2018)

    NxのCellion版。Nxの充電式が販売されました。
    今後は充電式も主流になります。

    Stylettoシリーズ(2019~)

    SLIM-RICタイプの登場です。

    その名は「Styletto (スタイレット)」
    スタイリッシュなデザインと、
    ハイテク性能を兼ね備えた新製品スタイレットは、
    新しいカテゴリのイヤーウェアです。
    2019年「iF DESIGN AWARD 2019」GOLD受賞
    2019年「red dot design award winner」受賞
    この世界的に認められた
    素晴らしいイヤーウェアー補聴器は、
    もう「No!」ではなく「Yes!」です。


    稼働時間は充電ケースを含めて4日
    充電器のないところでも十分活躍出来ます。

    自社のリチウムイオン電池の開発によって生まれた
    デザインと機能性
    他にはない「音質」を味わうことが可能
    しかも重量は2グラムという軽量化に成功

     

    補聴器は両耳装用にて格段に聞こえを良くなる性能になりました。

    RIC(Receiver-In-Canal: レシーバー・イン・カナル)
    が主流になってきています。
    レシーバーが本体に内蔵されていないので、
    一般的にはBTEよりも小さく目立ちにくい
    (実は、耳あな型よりも目立たない場合がある)
    耳栓で外耳道を塞ぐことがないので、
    装用感が快適になり、自声の音質が自然に聞えます。

    Xperienceシリーズ(2020~)




    1:独自の音声処理(OVP)
    自分の声の音質を向上。
    2:ダイナミックサウンドスケープ処理(DSP)
    音声信号とノイズ信号の方向を識別し、
    サウンドとスピーチの明瞭度を向上。
    3:モーションセンサー
    座れば前方フォーカス、散歩中はワイドに、
    聞こえを自動で最大化。
    4:超広角センサー
    周囲360°の声や物音を常に分析、
    音の明瞭度を向上。

     


    シグニア Styleetto X (Signia Xperience)

    前回のスタイレットは、中度難聴者まででしたが、
    今回のスタイレットXはレシーバー単体で交換!
    しかも重度の方にもレシーバーで対応出来ます。
    レシーバーはRICタイプのレシーバー仕様です。