メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・こどもメガネ地域一番店

メガネのリザック

電話: 0586-62-7372

受付時間 : 平日 AM 10:00 〜 PM 7:00

日祝~PM 6:00 定休日:水曜日

  • ホーム
  • Back
  • エクセレンスチタン By シャルマン
  • エクセレンスチタン By シャルマン

    チタンという素材は、強度、軽さ、耐食性を備え、さらにニッケルを含まないので、
    メガネのみならず様々な分野で活用されている金属です。
    しかしバネ性が少ないこともあり、より掛け心地のよいメガネを開発する為、
    柔軟性の高いβチタンや、形状記憶性を備えたNT合金など様々なチタン合金が、
    メガネ素材として使用されてきました。
    ただ、それらの素材はいずれもメガネとは違う分野で開発された素材です。
    その為、理想のメガネを創るには、不十分な点があることも確かでした。

    私共シャルマンは、これまで、より掛け心地のよいメガネを皆様へ提供しようと、
    チタン加工技術をはじめとし、さまざまな研究を重ねてきました。
    そのなかで、理想的なメガネを創る為には、
    素材そのものから開発することが必要であると考えたのです。
    そして、金属研究の世界的権威である東北大学金属材料研究所と
    私共シャルマンの8年に渡る研究開発の結果完成した素材、
    それがこのエクセレンスチタンです。
    この素材を使用することにより、包み込むようにソフトな掛け心地で、
    しかも購入時の掛け心地が長く持続するという、
    まさにメガネにとって理想的なベネフィットを兼ね備えることができました。

    エクセレンスチタンはメガネにとって理想的な素材ですが、
    もうひとつの大きな技術開発がなければ、
    そのベネフィットを最大限に生かすことはできませんでした。
    それが、シャルマングループと、
    レーザ接合の世界的権威である大阪大学の接合科学研究所、
    そして、ふくい産業支援センターが共同で5年間をかけ確立した、
    最先端の光加工技術(レーザ微細接合)です。
    これまでメガネに用いられていた溶接方法は、
    熱影響部分が広く、金属の軟化する部分が大きかった為、
    小さな部品の接合では、接合強度に影響がでる場合もありました。
    しかし、シャルマングループが産学官の共同研究で開発した最先端の光加工技術(微細レーザ接合)は、
    非常に小さな点で接合することができる為、
    小さな部品でも接合部分が鈍ることなく接合することが可能です。
    しかも、ろう材を使わずに母材同士を直接接合するので、ろう離れを起こすことがなく、
    高い強度で接合できるというメガネフレームの微細な加工に最適な技術なのです