メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・こどもメガネ地域一番店

メガネのリザック

電話: 0586-62-7372

受付時間 : 平日 AM 10:00 〜 PM 7:00

日祝~PM 6:00 定休日:水曜日

  • ホーム
  • BLOG
  • メガネのレンズのお手入れ(リム切れの原因に注意)
  • メガネのレンズのお手入れ(リム切れの原因に注意)

    1:レンズを拭く前に、水洗いをしましょう。メガネ拭きはクリーニングしたものを。

    レンズの表面に、砂やほこりが付着している状態で、
    メガネレンズを拭きとりを行うと、
    その付着物でレンズの表面に傷をつけることがあります。
    また、吹き上げるメガネ拭きは、
    汚れた状態では逆に傷をつけることがありますので
    いつもきれいな物をお使いください。
    布タイプのメガネ拭きは洗濯が可能です。
    但しアイロンがけする場合は120度未満の余熱で行ってください。
    1:まずは水洗いをして頂いた後に、水分をティッシュペーパー等で水分のみ取ります(こすらないように)
    2:レンズ表面がきれいな状態であることを確認後、メガネ拭きで仕上げます。
    3:汚れがひどい場合はメガネ専用クリーナーを使用しましょう。

    2:化粧品や、化学製品が付いた場合は、すぐに水で洗い流してください。

    カビ取り剤、薬剤(トイレ・浴用洗剤)、アルカリ系洗剤、酸性洗剤、
    化粧品、整髪料、ヘアスプレー、汗、レモンなどの果汁などが付いた場合、
    すぐに水洗いをしてよく落として拭き取って下さい。
    そのままにしておきますと、レンズにシミなどが残り、
    取れなくなったり、コートが剥がれたりします。
    また、レンズが水に濡れたまま放置をしますと、
    水ヤケという水跡がシミになって取れなくなますので、
    きれいに拭き取りましょう。

    3:汚れがひどい場合は、水洗い後にメガネ専用クリーナーで汚れを取りましょう。

    レンズの汚れがひどい場合は、
    メガネ専用のクリーナーを使用してください。

    手元にクリーナーがない場合は、
    「中性洗剤」を水で薄めたもので代用しましょう。
    但し中性洗剤でも研磨剤が入っているものは、
    研磨剤がコーティングを痛めるので使用しないでください。
    酸性やアルカリ性はメガネやレンズコーティングを痛めます。
    必ず中性洗剤をお使いください。
    一番良いのは、当店で販売しているメガネ専用クリーナです。

    4:プラスティックレンズの方は、熱に注意しましょう。

    プラスティックは高温(55度以上)にさらされると
    コート面にヒビ割れを生じる原因になります。
    また、ぬるま湯でも、ダメージは蓄積していきますので、
    通常の冷水を使用しましょう。
    ファンヒーター・ヘヤードライヤー・炎天下の車中・サウナ等の熱により、
    コーティングを痛めますので、十分注意をして下さい。

    5:レンズの拭き方は必ず持ち替えて!

    長年メガネを利用されていると壊れる箇所があります。
    その1つがリム切れです。
    眼鏡のレンズをお手入れする際に
    お手入れするレンズ面を固定せずにふき取った場合
    「リム切れ」と言われる破損が生じます。

    最初の動画は拭き上げするレンズ面の持ち替えをしない場合です。
    この場合は、年数が経過すると
    「テコの原理」にてフレームのブリッジ部分
    (指で視差したところ)に負荷が蓄積します。
    それが原因で「リム切れ」という破損を生じます。
    長年の負荷がやがて金属を引きちぎるという
    結果でメガネが壊れてしまいます。

    この状態でも修理は可能ですが、
    ロウ付けしただけでは強度が保てないため、
    リムの裏側に添え木を付けて修理になります。
    正面から見れば目立たないのですが、裏側が出っ張ります。
     
    レンズを拭く場合は、必ず拭き上げる面を固定して
    きれいにしましょう!

    万一メガネの修理が必要な場合は、
    メガネの修理専門業者「株式会社リペア」に依頼しています。
    メガネ修理の匠!といっても過言でない会社です。