メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・こどもメガネ地域一番店

  • ホーム
  • BLOG
  • 通販で売られてる補聴器について。
  • 通販で売られてる補聴器について。

    先日、通信販売で補聴器を(集音器ではありません)
    購入された方がメールの問い合わせでご質問をされました。
    実は通販サイトで購入した既製耳穴補聴器の聞こえが良くないとの事。
    品名から商品は非課税品の既製補聴器と判明。
    大手通販サイトの売り上げNO1の商品との事。
    「補聴器は医療機器です。聴力の測定や聴力に合わせて音の調整が必要です。」
    つまり通販で補聴器販売は本来は出来ないはずです。
    しかし残念なことに、調整の出来ないタイプの補聴器が販売されています。

     

    音の調整が出来ないということは、
    補聴器を付けることによって得られる効果測定も出来ません。
    ですから購入者の満足度は様々になります。

    既製品の通信販売補聴器は、まだ拡声器として販売されるなら納得できますが
    補聴器として販売されるのは間違っていると思います。
    補聴器購入をお考えの方は、耳鼻咽喉科にて、聴力測定、
    補聴器適合検査などを行い、補聴器装用が有効かどうか診察して頂きます。
    有効であることが確認できた場合は、
    紹介状・オージオグラムデーターなどをご持参してお店にて購入します。
    つまり通販で購入してはいけない!ということになります。

    今回の回答として、
    日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医の在籍している耳鼻科
    にてご相談してはいかがでしょうか?
    補聴器は、聴力の測定をしてその聴力に応じて不足している音を補います。
    ですから、何度も調整を繰り返して慣れていく事で
    よく聞き取れるようになっていきます。
    出来ればご近所でお気軽に調整を受けられるお店で購入が望ましいです。
    と、お伝えしました。

    リザックのお勧めの耳鼻科は「楓みみはなのどクリニック」です。
    バナーをクリックにてHPに行きます。

    こちらのドクター「中下陽介医師」は、
    耳鼻咽喉科医、頭頸部外科医としてご活躍後に開院されています。
    「あちこちの病院に行かなくてもよいよう、処置や小手術、投薬などの治療は
    なるべく当院で完結できるように努めたいと考えております。」との事
    日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医
    補聴器適合判定医師 等

    道を挟んで「ピアゴ尾西店」があります。